• S
  • M
  • L
⇐ 文字のサイズ変更
 
 
 
関東支部活動報告 >> 記事詳細

2016/01/18

1/9 楽しい化学の実験室(第257回)を開催しました

| by 関東支部事務局2
1月9日(土)午後に、国立科学博物館上野本館で関東支部との共催事業「楽しい化学の実験室」が開催されました。
第257回となる今回は、講師に東京都立羽村高校の小松綾子先生をお迎えして、「デンプンのりをつくろう!」というタイトルで実験を行っていただきました。
まず、じゃがいもをすり下ろしたものや片栗粉、コーンスターチなどをスライドガラスに取り、ヨウ素液を滴下して着色し、デンプンの粒子を顕微鏡で観察しました。次に、デンプンに水を加えてよくかき混ぜ、とろみが出るまでゆっくりとホットプレートで加熱しました。仕上げに砂糖を1杯加えてかき混ぜ、ホットプレートから降ろしてさらにかき混ぜながら冷やすと、のりが出来上がりました。これは容器に入れて持ち帰るようにしました。ただし、これは非常にカビが生えやすいものなので、日持ちがしません。続いて、デンプンに1M水酸化ナトリウム溶液を加えて溶かす方法でのりを作りました。中和のためにフェノールフタレインを1滴加えたあと、赤色が消えるまで2M塩酸を滴下しながらかき混ぜました。こちらは水だけの場合よりもなめらかなのりが出来上がりました。ただし、中和が不十分だと危険ですので、持ち帰らずにその場で試すだけにしました。最後に作ったのりを使って紙工作を楽しみました。

開催案内:http://kanto.csj.jp/index.php?key=muezs8lpp-630#_630



15:34 | 化学教育・普及
理科・化学教育懇談会フォーラム「現代の機器分析を知る」
 
企業合同説明会2018
 
化学クラブ研究発表会2018
 
1日体験化学教室
 
CSJ Festa
 
下の地図をクリックすると,
各地区の活動ページに移動します
関東支部新潟地区栃木地区群馬地区茨城地区埼玉地区東京地区山梨地区神奈川地区千葉地区