• S
  • M
  • L
⇐ 文字のサイズ変更
 
 
 

第33回化学クラブ研究発表会(2016) 結果報告

参加者:発表校生徒・教員および一般の合計 566名。
概要:52校の参加があり、口頭発表が29件、ポスター発表が50件の計79件の発表があった。各校の研究発表に対し、以下の賞を授与した。
エキシビションでは岐阜県立岐阜高等学校(東海支部化学教育協議会推薦)の口頭発表があった。

開催報告速報


絵文字:実験 理科金賞(賞状および楯) 絵文字:実験 理科 (1件)


神奈川県立厚木高等学校

「芳香族化合物のニトロ化におけるアミド結合の効果についての研究」


絵文字:実験 理科銀賞(賞状および楯) 絵文字:実験 理科 (2件)


開成高等学校

「アンモニアを用いない平面鏡」

東京工業大学附属科学技術高等学校

「温度応答性ゲルの合成と評価」


絵文字:実験 理科銅賞(賞状および楯) 絵文字:実験 理科
 該当なし


絵文字:実験 理科研究奨励賞(賞状) 絵文字:実験 理科 (4件)

千葉県立柏高等学校

「手賀沼のヘドロで水質浄化」

東海大学付属浦安高等学校

「きれいな七宝焼きはどのようにしてできるのかⅡ」

栃木県立栃木女子高等学校

「褐変反応とビタミンCの含有量の比較」

日本大学第三中学校・高等学校

「泡の構造について」


絵文字:実験 理科ポスター賞(賞状および楯) 絵文字:実験 理科(3校)

駒場東邦高等学校

「屈曲するケミカルガーデンの研究」

埼玉県立不動岡高等学校

「1価の銅が電気分解によって生成されるメカニズムの解明」

玉川学園高等部

「天然物を用いた色素増感太陽電池」


絵文字:晴れGSCジュニア賞絵文字:晴れ
GSCジュニア賞について…グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)の観点から特に優れた研究発表に対して、GSCネットワークから授与されます。(5件)

 

市川高等学校

「鉄‐鉄(Ⅲ)二次電池が世界を救うPart.2」

市川高等学校

「リチウムイオン二次電池の簡易製作法の研究」

茨城県立水戸第一高等学校

「サリチル酸/メタノール系における安全なサリチル酸メチルの合成」

千葉県立安房高等学校

「オール・オリジナル色素増感太陽電池の性能向上に向けて」

広尾学園高等学校

「還元型酸化グラフェンを正極に用いた色素増感太陽電池の性能評価」



以上

 
理科・化学教育懇談会フォーラム「現代の機器分析を知る」
 
企業合同説明会2018
 
化学クラブ研究発表会2018
 
1日体験化学教室
 
CSJ Festa
 
下の地図をクリックすると,
各地区の活動ページに移動します
関東支部新潟地区栃木地区群馬地区茨城地区埼玉地区東京地区山梨地区神奈川地区千葉地区