• S
  • M
  • L
⇐ 文字のサイズ変更
 
 
 
関東支部活動報告 >> 記事詳細

2015/04/08

3/28 高校生のための化学実験講座(第102回)を開催しました

| by 関東支部事務局2
3月28日(土)午後に、国立科学博物館上野本館で関東支部との共催事業「高校生のための化学実験講座」が開催されました。
第102回となる今回は、講師に国際基督教大学の久保謙哉先生をお迎えして、「放射線を見る。測る。遮る。」というタイトルで行われました。
身近に天然放射性物質が存在していることが広く知られるようになってきていますが、人間の五感では感じることができません。霧箱や放射線検出器を使うことでこの放射線を実際に見たり測ったりすることができるようになります。今回の講座ではまず、一人一台ずつ簡易霧箱の製作を行いました。1L程度の薄い透明のプラスチック(PET)製の円筒容器を使用します。容器の上部内周に隙間テープを貼り、エタノールを含ませます。底に丸く切ったアルミホイルとその上に黒い紙を入れ、これにもエタノールを含ませます。線源(アルファ線)としてトリウムが塗られたキャンプ用のランタンマントルを小さな台座に付けて入れます。容器上部をポリエチレンラップで覆い、最後に底を砕いたドライアイスで冷やします。部屋を暗くして横からLEDライトで照らしながら数分待つと飛跡が見えるようになりました。プラスチック容器やLEDライトは100円ショップで購入できるものとのことでした。
続いて、大学から持参いただいたサーベイメータや半導体検出器などを使って、放射線の検出とその性質のデモンストレーションを行っていただきました。ベータ線はアルミ板で遮られ、板の厚みでも変化することや、ガンマ線は鉛板を使わないと遮蔽されにくいことなどを見ることができました。

開催案内:http://kanto.csj.jp/index.php?key=mul678x3y-191#_191



10:35 | 化学教育・普及
理科・化学教育懇談会フォーラム「現代の機器分析を知る」
 
企業合同説明会2018
 
化学クラブ研究発表会2018
 
1日体験化学教室
 
CSJ Festa
 
下の地図をクリックすると,
各地区の活動ページに移動します
関東支部新潟地区栃木地区群馬地区茨城地区埼玉地区東京地区山梨地区神奈川地区千葉地区