• S
  • M
  • L
⇐ 文字のサイズ変更
 
 
 
トップページ > 行事・講演会> 化学フェスタ 

CSJ化学フェスタ

「産学官の交流」と「化学の社会への発信」を目的に、2011年から秋季事業の一環としてスタートした「CSJ化学フェスタ」。

2015年は、関東支部企画の講演会、「世界遺産、富岡製糸場からつむぎだされた化学」を開催期間中、下記日時・会場で行います。

世界文化遺産登録の立役者の片倉工業株式会社、カイコを用いるバイオテクノロジー、生糸に関連した高強度繊維の開発など、この分野の最高の講師陣による講演をどうぞお楽しみに。

日時:2015年10月13日(火)13時~18時
場所:タワーホール船堀2階福寿の間(J会場)



印刷用PDFファイルはこちら(1.9MB)

群馬県の富岡製糸場は日本の製糸業を支えた重要拠点の1つであり、世界からその価値を認められ2014年に世界文化遺産として登録されました。絹糸や蚕に関わる基幹技術をベースとして、今日では高強度繊維や医薬品開発など最先端の化学が展開されています。本セッションでは、富岡製糸場の話のほかに、養蚕業から新しい産業を生み出す取り組みや、化学の叡智を集めた合成繊維の開発についてもご紹介いたします。

プログラム:
13:00-13:05 趣旨説明
久新荘一郎 (群馬大学 大学院理工学府・教授)

13:05-13:45
「世界遺産登録への軌跡」~富岡製糸場を守り抜いた片倉工業の信念~
竹内彰雄 (片倉工業株式会社・取締役会長)

13:45-14:25
絹の素晴らしい構造とそれを生かした絹人工血管の開発
朝倉哲郎 (東京農工大学・名誉教授・特任教授)

14:30-15:10
遺伝子組換えカイコによる膜タンパク質の発現とその利用
武田茂樹 (群馬大学 大学院理工学府・教授)

15:10-15:50
遺伝子組換えカイコによる有用タンパク質の生産:養蚕業のパラダイムシフト ~衣料から医療へ~
冨田正浩 (株式会社免疫生物研究所 遺伝子組換えカイコ事業部・取締役・部長)

15:55-16:35
“QMONOS”実用化への挑戦
菅原潤一 (Spiber株式会社・取締役兼執行役)

16:35-17:15
スーパー繊維の世界 -繊維の高強度化と機能展開-
丸岡佳史 (東洋紡株式会社 総合研究所 機能材開発研究所・研究員)

17:15-17:55
衣料からメディカル、おむつ分野まで、様々な用途でストレッチ性を付与するスパンデックス繊維
小島潤一 (旭化成せんい株式会社 技術研究所・特級専門職)

17:55-18:00
閉会挨拶
高田十志和 (東京工業大学 大学院理工学研究科・教授)

化学フェスタ プログラム
http://www.csj.jp/festa/2015/program.html



 
化学系女子学生のための座談会
 
企業合同説明会2018
 
化学クラブ研究発表会2018
 
1日体験化学教室
 
CSJ Festa
 
下の地図をクリックすると,
各地区の活動ページに移動します
関東支部新潟地区栃木地区群馬地区茨城地区埼玉地区東京地区山梨地区神奈川地区千葉地区