• S
  • M
  • L
⇐ 文字のサイズ変更
 
 
 

化学への招待―講演会  「元素の発見と同定―1世紀前,そして現在」

定員に達しましたので締め切りました。お申し込みをありがとうございました。


 先日の理研による113番元素検出に関する新しい報告が世界的に注目を集めています。新元素かどうかを判断する決定的な基準は,高校の化学でも早い時期に学ぶ「原子番号」ですが,これが実験的に確立されたのがちょうど1世紀前のことです。この機会に,新元素発見をテーマに取り上げ,約1世紀前になされた原子番号の確立に関連した話題とあわせて講演して戴きます。


①講演「化学元素の考え方の転換:原子番号の発見まで アリストテレス、ラヴォワジエ、メンデレーエフ、モーズリー」
東京工業大学 梶 雅範先生
(14時00分~15時00分)
化学の中心概念である化学元素の考え方の変遷について、歴史的に概観する。18世紀末にラヴォワジエが近代的な元素概念を提出してから、メンデレーエフによる元素の周期律発見を経て、20世紀初頭のモーズレーによる原子番号発見までの元素概念の歴史を、ラヴォワジエ的段階、メンデレーエフ的段階、モーズリー的段階と三段階で捉えてみる。


②講演「新発見の113番元素」
理化学研究所 森田浩介先生
(15時15分~16時15分)
原子番号が94を超える元素はすべて人工合成によって発見された。また地球上の物質から発見された94種類の元素のうち、天然の物質から発見される以前に人工合成によって発見された元素が5種類ある。現在は118種類の元素の存在が報告されているが、名前の付いている元素はそのうち114種類。1~112番までの元素と114、116番元素である。新元素はどのように作られるのか?元素の名前はどう決まっているのか?と言ったことをお話しする。


講演50分・質疑応答10分


会期 平成25年2月2日(土)14時~16時15分
会場 日本化学会7階ホール(東京都千代田区神田駿河台1-5)
〔アクセス〕JR・地下鉄「御茶ノ水」徒歩3分 >>地図
対象  高校生,中学・高校教員,大学生・一般市民
参加費  無料
定員 120名(先着順)
申込方法 専用フォームからお申込みください。E-MAIL、FAXでも受け付けます。必要事項(参加者氏名・ふりがな、職業、性別、年齢、連絡先住所、電話番号)記入のうえ、下記までお送りください。
問合・連絡先 〒101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5 日本化学会関東支部
E-mail:kanto@chemistry.or.jp 
TEL 03-3292-6163 FAX 03-3292-6318


申し込みはこちらから 
下記の「申し込み」をクリックして予約してください。

申込完了後、登録のアドレスにメールが届きますので、印刷の上、当日お持ちください。

 

※先着順・定員になり次第、受付終了とさせていただきます。
 時間変更・キャンセルをご希望の場合は前日までに上記事務局までご連絡ください

 >>絵文字:鉛筆申し込みをする


 
11/18 化学への招待―講演会「調べる化学」
 
企業合同説明会2018
 
1日体験化学教室
 
CSJ Festa
 
下の地図をクリックすると,
各地区の活動ページに移動します
関東支部新潟地区栃木地区群馬地区茨城地区埼玉地区東京地区山梨地区神奈川地区千葉地区